九州医療介護研究会のご案内


   日本は今、少子高齢化による人口減少社会を迎え、世界のどの国もかつて経験したことの無い領域へと進みつつあり、それに伴って医療業界を取り巻く環境も日々目まぐるしく変化しています。こうした時代を生き抜く経営者の皆様に、政策・経営の最前線の情報をお届けし、経営の実務に活かしていただくべく、当研究会は発足いたしました。
   皆様の経営の舵取りに、当研究会をご活用頂ければ幸いです。
 

このような方にお勧めです。

✔ 最前線の政策情報を身近なところで得たいとお考えの方
✔ 経営の後継者を育てたいとお考えの方
✔ 医療政策の動向を多様な角度から学びたい方
✔ 著名な講師陣とのディスカッションを通じて具体的な気づきを得たい方
✔ 自院の今後の方向性やアイデアについて、確認・検証を行いたい方
 

当研究会のポイント

医療介護の政策動向、経営に関して最前線に立つ講師陣から毎月、福岡で情報収集ができる!
情報提供型セミナーと異なり、十分な質疑応答時間の設定により、双方向型で日頃の問題意識や疑問をクリアにできる!
一流コメンテーターによる解説と、会員制によるクローズドな運営により、経営者同士の問題意識の共有、情報交換も図れる!
 

開催概要・タイムスケジュール

① 原則として毎月土曜日に、福岡市内のホテルにて開催致します。
② 講師の時間が許す限り、研究会終了後に懇親会を開催致します。
③ 年に1回、施設見学もございます。

時間 内容
14:00~15:30 90分 基調講演
15:30~15:45 15分 休憩
15:45~16:00 15分 コメンテーターによる基調講演へのコメント
16:00~17:30 90分 質疑応答
18:00~20:00 - 懇親会 (任意参加)

※こちらは標準的なタイムスケジュールです。当日の進行によって変わる場合がございます。

 

参加者の声

「私はこの研究会の発足時から参加していますが、政策面の理解と、経営・運営責任者が考えておく視野を広げるという意味で非常に役に立っています。」
「後継者や幹部層にも経営を学ぶ機会を提供したいのですが、複数人で東京まで行っていたのでは、時間も費用も馬鹿になりません。最前線の話が身近な福岡で得られるのが魅力的です。」
「毎回、各種委員会にご出席の先生が講師として来てくださいます。後半の90分は質疑応答の時間ですので、話を聞くだけでなくそうした講師陣と直接やり取りできるような勉強会は、東京でも、中々ないのではと思います。」
 

参加者アンケートより

「自由闊達なディスカッションの場を確保できる運営方法となっているのが良い。ディスカッションを通じての学習、成長が期待できる。」
「医療経営研究会のテーマは幅広く、とても勉強になり、今後の経営の方向を検討するにあたり、参考にさせていただいております。」
「クローズドの研究会ならではの、本音での討論は大変参考になります。」
「講師陣に厚労省の現職の課長、部長など幹部が多く講演の内容が充実しているのが良い。」
「地域医療構想の方向性等、情報の整理ができた。病院毎、エリア毎の実情、経営者の方針、悩み等が聞け、たいへん参考になった。」「最新の情報を組み入れた講演、病院経営者の本音ベースの意見が聞け、大変参考になった。」
 

会費(年12回 及び 施設見学)

入会金:5万円(税別)  年会費:70万円(税別)
 ※会員様ご本人のご都合がつかない場合、代理のご出席者のご参加が可能です。
 ※テーマに応じて、会員法人の職員の方が追加でご参加される場合、
  1回につき3万円(税別)となります。
 ※会員様以外の単発受講については、受け付けておりません。

 

お問い合わせ

クローズドな会員制の研究会のため、研究会の雰囲気をご確認いただいたうえで、ご入会を検討いただいております。1回の研究会につき5名までの [ 無料体験:参加費5万円(税別) ]もございますので、別紙にてお申込み下さい。(定員に達した場合、お断りする場合がございます) その他、研究会の詳しい内容をお知りになりたい方は、研究会事務局までお問い合わせください。
     

お気軽にお問い合わせください。
(平日9:00~16:00)


担当:西岡こずえ
TEL:092-409-7532/FAX:092-409-7533
E-mail:kyusyu_jimukyoku@hcsrev-f.or.jp